工事情報共有の申し込みについて

 

 

国土交通省東北地方整備局においては全ての直轄工事に於いて「工事情報共有システム(ASP)」を利用することが一般化されております。


また、青森県においても令和2年8月1日以降に公告又は指名通知する工事については「建築工事を除く、県土整備部発注工事すべてにおいて、ASP方式による工事情報共有システム(以下「システム」という。)を利用することを原則とする。ただし、下記の場合は監督職員との協議により対象外とすることができる。
(1)システムの利用に必要な通信環境が確保できない場合
(2)予定価格が5,000万円未満の工事の場合
としています。
 尚、利用するシステムの選定は基本的に工事受注者が行いますが、当協会に於いては「東北工事情報共有システム研究会」が推奨し、東北地方整備局や他県でも多数の採用実績のある「basepage(ベースページ):川田テクノシステム」と「工事監理官:NEC(TOINX)」の2システムを推奨システムとし、システム利用の申し込み受付窓口を行っておりますので、是非、ご活用下さいますようご案内申し上げます。


下記よりご利用になるシステムを選択し、各システムの申し込み手順に従い手続きを行って下さい。

※システムのご利用料金が令和3年4月1日より変わりました。

  3月31日まで 4月1日以降(県発注工事のみ)
川田テクノシステム 15,400円/月 13,200円/月
東北インフォメーション・システムズ 15,400円/月 15,400円/月

 

 

川田テクノシステム株式会社

川田テクノシステム

 

東北インフォメーション・システムズ株式会社

toinx


<特徴> <特徴>

 

 受発注者間の情報共有システム機能要件(Rev.5.1)対応!

 3次元モデルをブラウザ上で表示・共有が可能    

 点群データをブラウザ上で表示・計測等が可能    

 地図表示、写真リンク表示、CADデータのオーバーレイが可能

 

 

 受発注者間の情報共有システム機能要件(Rev.4.0)対応!

詳しくはこちら

 

 

 

 


Copyright 2020 (C) Aomori Constructors Association.All rights reserved.